海に近い地域と言うのは、潮風が吹き込む事からも風に塩分が含まれており、それが塩害と言う形になり現れてきます。
アンテナや自転車などの金属部分などは錆が起こりやすくなりますし、錆による被害は多く出て来ることになります。

このような塩害を持つ地域では発電設備を設置出来ないのではないかとイメージする人も多いのではないでしょうか。

最近の設備機器と言うのは、塩に対する耐久性が高くなっている事からも、ソーラーパネルなどを販売するメーカーでは、塩害のある地域でも条件さえ揃えば導入を可能にしています。
但し、ソーラーパネルを設置する際に利用する架台と言うものは、金属製の材料で出来ていますので、塩害による被害を受ける可能性が高いとしています。

錆と言うのは、金属腐食が進む事で起きるもので、金属腐食が進む事で、材料はボロボロになり、接合部分の強度などが低下する事になります。
これにより、強風が吹いた時や大きな地震が起きた時などに損壊する危険性を持つとしているのです。

尚、メーカーによっては、設置を不可能としているところもあれば、海岸沿いから300メートル以内は設置を不可能としているところなど様々です。
鉛害がある地域では、定期的なメンテナンスや補修は必須と言えるのです。